巷で勝てると噂されているオンラインカジノとは?

投稿者: | 2017年10月31日

既にカジノ法案(IR推進法)のニュースが流れたこともあり、日本のカジノに対する注目が高まっています。

ここではオンランカジノに的を絞って、全体像や現状について丁寧に解説していきます。

運営システム


オンラインという名の通り、インターネットさえ繋げればいつでもどこでもカジノのゲームがプレイできるようになっています。オンラインカジノの母体はソフトウェアなので、テレビゲームと同じような形式でプレイするスタイルになります。このカジノのソフトウェアも厳正な審査によって、不正などがないよう念入りなチェックが入っています。プレイできるゲームの種類は実際のカジノと同様で、ブラックジャックやスロット、バカラなど多様なゲームを楽しめることから世界中のギャンブラーを魅了し続けています。

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの素晴らしいのは、場所を選ばずプレイできる点にあります。たとえばパチンコやスロットを打つ場合、実店舗に行かなければ\なりませんが、オンラインカジノであればパソコンもしくはスマートフォンさえあれば、電車の中や車の中でもプレイできます。より手軽になったというこもとあり、今や多くのギャンブラーがオンラインカジノをプレイするようになってきています。
また最大の魅力は、賭け金に対するリターンを示すペイアウト率にあると言っても過言ではないです。ギャンブルは一般的に、ゲームを提供する側である胴元が儲かるようにできており、胴元が儲かるほどギャンブラーは損する可能性が高くなります。したがって、ギャンブラーは稼げそうなゲームを選んでプレイする人が多いのですが、オンラインカジノはギャンブルの中でも特に儲かりやすい設定になっているのです。

オンラインカジノは違法?合法?


オンラインカジノは違法ではないか、という疑問を持つ人は多いです。どのような罪に問われる可能性があるかと言いますと、賭けを行ったギャンブラーは単純賭博罪になる恐れがあり、ギャンブルを提供した胴元は賭博開帳図利罪になる恐れがあるというものです。
この点については、2016年に逮捕された3人のギャンブラーの件が参考になります。逮捕された3人はイギリスにサーバーが置かれるオンラインカジノをプレイしていました。この件では、3人のうち2人は略式起訴に応じて罰金を支払いましたが、残りの1人は法廷で争った結果、不起訴処分となりました。つまり、検察は違法と判断できなかったということになります。
この件を受けて、海外にサーバーを置くオンラインカジノは、日本国内のギャンブルと見なすのは難しいという見方が一般的になりました。依然としてオンラインカジノはグレーゾーンという見方が強いですが、警察側は見せしめのためにギャンブラーをとりあえず逮捕だけしたというのが実際のところのようです。

よく聞く詐欺やインチキといった噂の真相

オンラインカジノの中には詐欺やスパイウェアが紛れ込んでいるという噂があります。この話は本当であまり実績のない無名カジノや、国の許可を受けずに運営しているようなカジノには注意をする必要があります。しかし国が正式に発行したライセンスを持っているカジノは、信頼性を重要視しているので詐欺の可能性は極めて低いと考えられています。

ペイアウト率と賭け金との関係

ギャンブルが儲かりやすいかどうかの指標となるのがペイアウト率です。これは賭け金(ベット)に対し、どれだけ払い出し(リターン)があるかを計算したもので、オンラインカジノの場合は94%以上のところが多くなっています。日本の公営ギャンブルである宝くじが50%、競馬でも75%であることを考慮すると、このペイアウト率は破格であると言えます。オンラインカジノが人気である理由は、この異常に高いペイアウト率にあるのです。

ボーナスとは

オンラインカジノ特有のシステムとして、ボーナスがあります。ボーナスは、最初のログイン時やイベント時にカジノ側から付与されます。ただこのボーナスには上限が定められていることがある上に、カジノ側の儲けが少ないゲームには使えないところも多いです。とは言え、プレイしているだけでもらえるボーナスは貴重なもので、このボーナスが欲しくてプレイしているギャンブラーも数多くいます。

他のギャンブルとの違い

オンラインカジノの凄い点は、そのペイアウト率の高さにあります。普通の実店舗を持つカジノであれば、場所代や人件費がかさむため、どうしてもペイアウト率が悪くなります。その点、オンラインカジノであればシステム維持費だけで済むため、ペイアウト率を高く設定できます。ギャンブルの醍醐味は勝った時の快感にありますが、その勝率をもっとも高くできるのがオンラインカジノであると言えます。

オンラインカジノの問題点や将来性について

魅力的なオンラインカジノですが、いくつか問題点も存在しています。それはプレイヤーを騙すインチキなカジノの存在です。こういったカジノはすぐに悪評が広まるため運営廃止に追い込まれますが、それでも存在するのは事実です。きちんとしたシステムを持ち、信頼できるライセンスを持ったオンラインカジノを選ぶことが大切です。
また不安材料としては法律面が挙げられるでしょう。カジノ法案が国会で成立したことを考えると、日本はリゾート施設におけるギャンブルを認める方向に進んでいるのがわかりますが、オンラインカジノの将来がどうなるかはまだわかりません。このことが理由で多くの人がオンラインカジノに対して二の足を踏んでいるというのが現状なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です