栄枯転変を体現した入出金手段

投稿者: | 2019年11月1日

オンラインカジノとの結びつきで急成長を遂げた

世界的な人気を誇るオンラインカジノですが、現在の人気を作り上げたのは便利な入出金手段があったからです。
その便利な入出金手段というのがネッテラーです。

ネッテラーは電子決済サービスと言われるオンライン上の決済サービスで、この電子決済サービスがオンラインカジノの決済手段を変え、その後の発展に大きく貢献しました。
オンラインカジノは1994年に誕生しましたが、ネッテラーの誕生はそれからわずか5年後の1999年のことでした。
その当時はまだインターネットもそれほど広く普及していなく、オンラインカジノもこれからという時でした。

ネッテラーはインターネットの普及をいち早く読み、オンライン上で資金を自由に移動できるサービスを提供しました。
これは、これから大きく羽ばたこうとしていたオンラインカジノにはぴったりのサービスで、すぐにネッテラーはオンラインカジノにとって必要不可欠なパートナーとなりました。
そして、これはオンラインカジノの運営にとってだけのことではなく、利用するプレイヤーにとっても同じことでした。

ネッテラーの使いやすさはその他の入出金手段よりもずっと便利で楽なものだったので、世界中のオンラインカジノプレイヤーが入出金にネッテラーを利用しました。
こうしてオンラインカジノと強い繋がりを得たことにより、ネッテラーは誕生してからたった5年でロンドン株式市場に上場するまでに急成長しました。

金融庁お墨付きの抜群の安全性

オンラインカジノ業界においてネッテラーが大活躍したのは、その利便性の良さだけではなありません。
ネッテラーは、世界各国の金融庁の中でもトップクラスの信頼性と安全性を持つイギリス金融庁の統制下で運営を行っています。
そのため、突然破産してしまい資金が凍結されてしまうようなこともありませんし、資金移動に失敗し資金自体が消失してしまうようなこともありません。
どんなときでもしっかりとした安全性が確保されていたことによって、オンラインカジノはネッテラーを率先して決済に採用し、プレイヤーも入出金にネッテラーを選ぶようになりました。

オンラインサービスでなによりも利用者に求められるのは安全性です。
ネッテラーはそのオンラインサービスにおいて重要となる安全性を持っていたことにより、後々爆発的な人気を得ることとなりました。

【日本人にとっても利用しやすい便利なサービスだった】

ネッテラーは早い段階から世界的な利用を想定し、多言語化に力を注いできました。
日本語対応は2000年半ばから行われていたので、日本人プレイヤーは海外のサービスであるオンラインカジノへの入出金を安心して行うことが出来ました。

ネッテラーに日本からアクセスした場合、自動で日本語表示となるので、ネッテラーの存在について詳しくない方はネッテラーが日本のサービスだと思ってしまったことでしょう。
それほどまでにネッテラーの日本語化はしっかりしていて、海外サイトを翻訳機にかけただけのようなあやふやな日本語化ではありませんでした。
ネッテラー利用の第一歩となるアカウント作成も日本語でフォローしてもらえるので、ネッテラーは日本人プレイヤーにとっても必要不可欠なサービスでした。

そして、日本人プレイヤーにメリットとなったのは日本語対応だけではありません。
ネッテラーはNet+カードというカードを無料発行していました。
このNet+カードがあれば、ゆうちょ銀行とセブン銀行のATMから入出金が可能だったので、海外送金よりも手数料を安く抑えた入出金が可能となっていました。
また、手数料の安さだけではなく、入出金にかかる時間もとても早く、わずか5分程度の時間しか必要としませんでした。

このようなNet+カードの便利さもまた日本人プレイヤーがオンラインカジノの入出金にネッテラーを選んでいた理由でした。

今では利用できず復活の予定も決まっていない

ネッテラーは2016年9月15日を以て日本から撤退しました。
このネッテラーの撤退は、当然のように日本人プレイヤーにとって大打撃となりました。

最近になりアイウォレットなどのネッテラーに代わるようなサービスが登場してきましたが、当時はまだネッテラーに代わるようなサービスはありませんでした。
ネッテラーが日本から撤退してしまったことで、再びオンラインカジノへの入出金のメインは海外送金となってしまい、入出金にかかる時間・手数料がオンラインカジノを利用する上でのデメリットとなりました。

このネッテラーの撤退は突然のことで、その理由は日本におけるオンラインカジノの立場の危うさにあったようでした。
オンラインカジノは日本において合法ではありませんが違法でもありません。
それは賭博罪に触れるような点は1つもないからです。

しかし2016年日本の金融庁はそうしたグレーなギャンブルであったオンラインカジノに対しプレッシャーをかけるようになりました。
この日本の金融庁によるプレッシャーを感じたネッテラーは、事が大きくなる前に日本市場から撤退することを決めました。
日本からの撤退から何度か復活の噂もありましたが、ネッテラーはまだ現在においてもオンラインカジノにおいて復活の予定はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です