カジノのバーチャル体験を支える企業群

投稿者: | 2020年4月23日

インターネットが普及してから実に様々な楽しみ方が生まれてきました。
ネット対戦型ゲームやソーシャルゲームのその1つに挙げられますが、ギャンブルの世界もインターネットのおかげで大きく様変わりをしています。
その代表格と言えるが、オンラインカジノです。

オンラインカジノは、本場のランドカジノのようにポーカーやブラックジャック、ルーレットのようなテーブルゲーム、スロットなどのゲームで、インターネット上でお金を賭けて配当金を稼ぐことができるオンライン型のギャンブルです。

世界中のギャンブラーが、ネットに公開されているカジノサイトで日夜楽しんでいます。
しかし、そのカジノサイトを影で支えているのが、オンラインカジノソフトウェアプロバイダーなのです。

そのプロバイダー(ソフトウェア会社)としては、どんな企業があるのでしょうか?

マイクロゲーミング社

オンラインカジノ業界では、この名前を聞かないことはないほどメジャーな企業です。
マイクロゲーミング社は、イギリスのマン島を拠点として設立されたオンラインカジノ業界老舗であり最大手のソフトウェア会社です。

その始まりは1994年に創業に見るのですが、それ以来オンラインカジノの世界で、最も長い 歴史と実績を誇っている大手の企業で、多くの一流レベルのオンラインカジノが、マイクロゲーミングのソフトウェアを採用して運営しています。

同社はその資金力とゲームコンテンツの数が非常に豊富で、高い評価を得ています。
マイクロゲーミングのソフトを採用しているだけで、そのカジノは信頼できると言われるほどに高いブランド力と信頼度を担保しているのです。

マイクロゲーミングは、世界中から集まるプレイヤーが安心してゲームに参加できるようにゲームの信頼性を重視していますので、同社のオンラインカジノは、ペイアウト率の公開や、サーバーの安定、スピーディーなペイアウト対応などに力を入れており、ギャンブラーからの評価はすこぶる高いのです。

また、しばらく対応していなかった日本語対応も2005年4月に採用スタートとなったことで、完全日本語版ソフトが誕生しています。
この動きはさらに加速されて、今では同社のソフトウェアに多言語機能が追加され、日本語を始め世界の海外言語で利用できるようになったおかげで、世界中のオンラインカジノファンを一気にマイクロゲーミング系のギャンブラーとして、取り込むことに成功したのです。

マイクロゲーミングは、ゲームコンテンツの種類はとても豊富で充実しているのですが、ひと月に1回のペースで数多くの新作ゲームがリリースされていることは、驚きに値します。
他のソフトウェア企業と比べて見ると、世の中に送ります出される新作の数があまりに多くて、かなり昔にリリースされたままで今なおで残っているゲームもたくさん存在しています。

長い歴史を持つマイクロゲーミング社だけにその種類が豊富になっていき、多くのプレイヤーが注目しています。
このようにギャンブラーを飽きさせることないマイクロゲーミングのゲーム種類のバリエーションは、業界No.1言っても過言ではありません。

プレイテック社

次に挙げるプレイテック社もグローバルで展開しているオンラインカジノのソフトウェアプロバイダーです。
カジノ市場では20年の経験とノウハウに裏打ちされた評価があります。

プレイテックが設立されたのは1999年ですが、それ以降、同社は500種類もの独自性能の高いスロットマシン、スポーツブック、モバイル、ビンゴ、ポーカーゲームで、オンラインカジノにおける地位を確立してきました。
2006年3月には、会社が大きく飛躍的したこともあり、審査の厳しいロンドン株式取引に上場を果たしたのです。

設立後の10年は非常に積極的な活動により、高い業績を残しています。
プレイテックは2003年に本格的にオンラインライブカジノにコンテンツを提供し始めて、今でもマイクロゲーミングとカジノシェアを2分するほどのトップランナーなのです。

同社のコンテンツは、非常に華麗なグラフィックと最高のクオリティーを持つサウンドが特徴的で、ゲーム種類も豊富なのことから、今まで他のオンラインカジノソフトを採用していたカジノサイトがプレイテック社のソフトウェアにシフトしていることを知ると、同社の卓逸したコンテンツも理解できます。

プレイテックのオンラインカジノコンテンツは、全体的にボーナス条件が良いという評価が大半を占めています。
しかし、単純化にボーナス額が高いだけではなく、MWRクリアのレベルが高くなく除外ゲームにブラックジャックやポーカーが入っていないカジノもあるので、多くのプレイヤーに好まれやすいボーナスとなっています。

ネットエント

ネットエンターテインメント社(略してネットエント社)は、世界に数多く存在しているソフトウェア会社の中で、最も成功している所の1つです。

オンラインカジノ運営会社にカジノ専用ゲームを提供するソフトウェア開発会社ですが、ネットエント社は、スカンジナビアでオフライン系のカジノ運営に特化していました。
それが1996年にオンラインカジノゲーム開発を手掛けるようになり、今ではスウェーデン、マルタをベースに、キエフやジブラルタル、オルダニーで事業を展開しています。

しかし、意外なことにネットエント社は、業界大手のマイクロゲーミングやプレイテックなどと比べると、オンラインカジノ運営に全く関心を持っていない特異な点が挙げられます。
同社はゲームやプラットフォームの開発・供給に力を入れており、オンラインカジノ専用ダウンロード型のソフトウェアを扱っているのではなく、ネットエント社が製作するソフトは、全てブラウザーやモバイルデバイスでアクセスするノーダウンロード型を取っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です